Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    91:安定勝利。

    2007/03/11 (Sun) 23:07
    観戦記 bjリーグ第17節2日目 埼玉vs大分 @所沢市民体育館

    ホームスタジアム最終戦。ホーム最終戦じゃあないのに、ホームスタジアム最終戦ってのが面白いよね。このあとも埼玉ブロンコスは春日部と埼玉市営(レッズランドの裏)で2戦あるんだけど、何故か最終節はホームスタジアムでやらないんよ。中断前もそうだったしね。アウェーの試合は仙台と新潟。どっちも・・・微妙な距離。行こうとは思えないのが残念なところですな。
    現在埼玉はリーグ7位。プレイオフ進出は4位までで、さらに下位の富山と東京はプレイオフ進出はもうありません。埼玉も仙台・大分の結果次第+残り全部勝ちという無茶なことをしなければ残れないってね。残りは仙台が2節、新潟が1節。仙台との4連戦に全部勝った上で、現在3位の新潟に連勝。・・・新潟が下がり調子だからまずはそこでどうかって話だけど、それよりも仙台相手に4連戦全勝はキツイだろうな。。何とかがんばってほしいけど。。

    んで、今日の話。とりあえず入ってみて驚いた。いつもこんなに入ってたっけ??って思うような人の入り。アリーナは1階席が仮設で2階席が固定、2階席は上段と下段があって普段は下段の全部と上段の一部が埋まるって感じなんだけど、今日は2階席のかなり上の方まで入っていた。もともと4千人ぐらいしか入らない小さな体育館でやっているから、本当はそこまで入っていないのかもしれないけど、大分だから外貨が全く期待できない中であれだけ集めたのはすごいと思うな。

    試合については続く。
    続き

    試合前に今日はCLIFFEDGEが来てました。どこかで聞いたことある曲だなーと思ったけどスルー。どーやら、公式入場曲を歌っているとかの縁で来たらしいけど、わからないんならスルーしかないよ。。始まる前に前座でミニライブってのはここのフロントはよく使う手だからね・・・、まー何もないよりは数段いいけど、もう少しわかる人を連れてきてほしかった。。

    前半。
    今日は清水大志郎が恐ろしくいいですな。外からでも中からでも恐ろしく決まる。あと、ベンワーも良かった。ディフェンスリバウンドを取り捲る。前半はベンワーとゴードンとフィーでディフェンスリバウンドを取り巻くっていました。相手がゴール下でキツクきてなかったってのもあるし、相手が外からのシュートを結構はずしてたってのもあるんだろうね。ベンワー→庄司→清水って感じでボールが流れてゴールってパターンがとても多かったですわ。
    相手に関していうと・・・前半ではセンターのアンディが良かったかな?ゴールしたでがんばっていたし、ディフェンスリバウンドはそれなりにだけど取っていたし、中に持ち込んだらちゃんと決めていたし。外でも撃っていたし。中のアンディまでパスが通れば大分に分があるなってのも印象ですね。コイツをフリーにさせないために、普段あまり動かないフィーががんばっていました。
    2Qに入るととにかくフィーと清水大志郎が攻撃でがんばりまくって、ベンワーが守備でがんばりまくる展開。フィーが3pシュートを決めたところをはじめて見たよぐらいにがんばっていました。大分もいいシュートを撃っているんだけどことごとく外れる。差はどんどん開いていって、一時は42-21なんてダブルスコアまで行きました。そのあとも20点差ぐらいで推移しつつゲームは進んだんですが、最後の最後、あと1秒で大分のマーシャルに決められて19点差で折り返し。大分は点差が開いてるとはいえ、最後はいい形で折り返すことができました。

    後半。
    最後のあのシュートを明らかに引きずっている感じで後半開始。前半51点稼いだのにも関わらず、3Qの始まり4分間ノーゴールが続くって異常事態。まぁ、ディフェンスを固めろって指示が出ていたのかもしれないけどとにかくシュートが外れる外れる。これに影響されてなのか、何なのかこれまでほとんど全部取っていたディフェンスリバウンドも取られ始める。あぁ~あって感じ。多分、相手は戦術を変えてきたと思うんだけど、埼玉側がそれに対応しきれていないんだと思うんよ。それまではゴール下にアンディを置いて他の選手は外やその周りから行く。実際、中まで大分はボールを持ち込まずにその前にシュートを打つことが多かった。ボールが外れてもアンディが取るって戦術だったんだろうけど、後半は恐ろしく中を固めてきた。リバウンドを取れなくなった原因はこれだろうな。
    20点あった差も徐々に詰まってくる。一時は10点差ぐらいまで詰められたけど、徐々に立て直してきて18点差で終わりかな、まぁ1点しか変わらないから大丈夫と思っていたら、残り4秒で3pシュート・・・またもイヤ~な形で終わり。いやなイメージのこらなきゃいいけどなんて思っていたら案の定4Qじゃあ良くない展開。最初の2分間は両方とも点があまり入らない展開だったんだけど、そこから大分の怒涛の追撃が始まる。残り8分で14点差だったのが、埼玉はシュートは入らないはつまらないファールはするわでどんどんと詰まっていく。大分はどんどんと入れていく、チャンスは全部ものにするんだって気持ちのあるプレー。やっぱ最後は気持ちなのかね。
    残り4分半残した状態で5点差まで詰め寄ってきた。一時は20点差ついていたのに、あと3ゴールで追いつける状態まで来た。流れも大分にあるし、ひょっとしたら・・・、って思っていたらそこからが悪かった。ゴードンにスティールされて、それからはどんどん崩れていく。あ~って感じ。あわてたのか、捨て身の攻撃に転じたのか、それからは大分のファールがものすごく多くなっていく。冷静に行けばそんなことはないはずのところでどんどんとファールをつんでいく。結局点差は元に戻っていく。あわてるとだめね。。

    ○埼玉 92-78 大分●

    ここまで「あ、今日は絶対に勝つな」って最初から最後まで思って見てられたのは初めてだなぁ。毎回勝つにしても負けるにしても最後の方とかは特に拮抗して終わるんだよね。今シーズン4回見た中で、延長に突入したのが2回で1点差が1回。あーゆーハラハラするゲームもいいけど心臓に悪い。こんな感じで見てる側からはユルく勝つ試合がいくつもあってもいい気がします。ウィ~
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    BRONCOSコメント(0)

    ≪前の記事 サクラヒラヒラ。
    ≫次の記事 田舎でも。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。