Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    84:ぎりぎり。

    2007/02/11 (Sun) 23:49
    観戦記 bjリーグ第13節2日目 埼玉vs新潟 @所沢市市民体育館

    久しぶりに観に行きました、bjリーグ。相変わらず戦績の悪い埼玉ブロンコスでして相変わらずの7位です。ちょうちょい上位下位関係なく勝つんですけど、連勝ができない。2連戦あればどちらかは必ずといっていいほど取りこぼす。しかも相手が強いと両方取りこぼす事もある。これじゃなかなか上位には食い込めませんね。。
    今日の相手は新潟。現在2位ですね。年が明けてから順位をひとつ落としたみたいで、現在の1位は大阪です。でも、得失点差では2位以下を引き離して圧倒的な1位を取っています。得点力が高いわけではないんですが、とにかく失点をしない。結構守れるチームです。確かに速攻のイメージはあまりないですね。その代わり守備が滅茶苦茶強いって印象もないんだけどなぁ・・・。。

    まぁいいや。今日の煽りのお兄さんは何故かセグウェイに乗ってご登場。あの立って乗る車輪が2つついた体重の移動で動くあれです。結構速度出るんですね、あれ。もっとゆっくりなのかと思ってました。あれ1台80万円するんだとか。うへぇ。。

    試合については続く。 続き

    1Q
    序盤は新潟がゲームを引っ張る形でしょうかね。スタート→新潟ボール→埼玉ゾーンを組む→外からシュート→新潟に3点って感じで新潟先制。早い、早いよ。。その後も上手に組んでいくんだけどどうしても埼玉の攻撃は新潟の後追い気味かなって感じです。まぁ、最初のうちだしこんなものなんでしょう。相変わらずゴードンは上々なんだけど、今日良かったのはフィーかな?この2人のリバウンド力がかなりゲームを動かしていたと思います。
    流れが変わりだしたのは5分過ぎ、1Qはもう半ばを超えたところですね。新潟側のシュートが急に入らなくなって、埼玉側のシュートがどんどんと入っていく。後追い気味で1点2点が遠かったのが追い越してどんどんと離していく。もちろんこれまでぴったりと後について離れなかったのが良かったんだとは思います。いい流れに乗ったところで1Q終了。

    2Q
    最初のうちは相変わらずの埼玉ペース。特に最初の2分間は凄かった。遠くから見てても「ありゃ無理だろ~」ってところから3本も決まりましたからね。やっぱ流れに乗った時は違うんでしょうね、何やっても失敗する気がしないんでしょう。見ていてもそういうの感じ取れます。
    しかし、徐々に徐々に流れは新潟側に。もちろん埼玉の選手も点を稼いではいるんだけど、どうもぱっとしなくなってきました。ボールを持っている時間が短いというか、相手が試合を握りだしたというか、そんな感じです。スコアとかを後から見れば決して悪い状態じゃあないんですが、どうも見ていてこれは流れが良くないかなってのを感じましたね。埼玉の得点が笛頼みなのもそんなのを感じさせる原因なのかもしれません。
    最終的な2Qの得点では埼玉のほうが点を取っているにも関わらず、何故かすっきりとしない感じがしましたね。このまま行くとまずいのではないかという感じで。

    3Q
    流れに乗っている時は何をしても成功する。そんな感じがした10分間でした。新潟も全く点が取れていないわけではないのですが、どうしても埼玉の点の取れ方が上手くいっていましたね。新潟は連携が上手くいっていないみたいでした。パスミスが多かったし、外でどこに出すかって時にバイオレーション取られたりとかしてましたからね。あらかじめミーティングしてるはずなんですけどねぇ。。
    とにかくこの10分間ずっと流れは埼玉にありました。中のフィーやマーカスなんかもしっかり2点を取ってましたし、外から庄司や清水が3Pを取ってましたからね。中に入れられなければ外から、入れるなら中で、しっかりと全て得点に結びついてました。新潟は見事にリングに嫌われてましたね。別に何がってわけではないんでしょうが。外から、真下からのシュートはそれなりに入っているんですが、少しだけ距離のあるようなシュートが全く入らない。これは・・・って感じでした。なんか今日は勝てる気がしてきましたよ。。

    4Q
    一転して悪い流れ。とにかくシュートが全くリングの中に入らない。何をしても入らない。逆に新潟側にはバカスカ入っていく。もう見ているほうとしては怖くてしょうがありません。点差は4Qが始まる前には15点差あったにも関わらず、どんどんと詰まっていく。しかも新潟はこの時間にそれまでのゾーンからオールコートでのディフェンスに切り替えてきました。一体どこにそんな体力があったのかって感じですが、相手の陣内に入っていくにも大変なほど。しかもボールを取られたらその場所からだからどうしてもオフェンスも前に行きづらい。本気でやばくなってきました。15点あった差が12点、10点、8点、6点と縮まっていく。この差を守りきってくれと思いながらの観戦。ヒヤヒヤです。
    時間が迫ってくる。点差も詰まってくる。最後は時間との戦いになってきました。ついに1点差。残り時間は30秒。最後の最後は微妙な時間が残りました。ここで2点を入れて突き放せば勝利は確定なんですが・・・シュートを外しました。リバウンド取ってしっかりとボールキープをして時間が経っていく、ここで試合終了。

    ○埼玉 68-67 新潟●

    この試合を見て感じた事。流れって大事だなってこと。バスケが見ていておもしろいのはこの流れがあるからですね。もう20点差がついていて無理だと思っていても決まりだすとおもしろいようにどんどんと入っていく。逆にこの流れに乗れないと入るシュートも狂ってくる。いかに流れをつかむのか、そこもおもしろい所の一つですね。
    しかしあれだ、自分が行くbjリーグの試合は必ず好勝負になるな。最後に10点差がついている試合があってもよさそうなものなのに、2回も延長をみて今日は1点差。これは「何か」がついているのかな?それともこれも演出の一環??
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    BRONCOSコメント(0)

    ≪前の記事 開幕へ。
    ≫次の記事 これはどうよ。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。