Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    72:試合を決めるもの。

    2007/01/06 (Sat) 22:56
    観戦記 bjリーグ第9節1日目 埼玉vs東京 @所沢市民体育館

    年が明けてから最初のbjリーグ公式戦。去年の年末は所沢開催がなかったから見に行かなかったんだけど、ここからしばらくはホームゲームが所沢開催なので見に行こうと思えば見にいけます。ただ、2000円ってのはイタイのですが。。
    今日の相手は東京アパッチ。本拠は有明ですね。何であんな人の住んでいないところをホームにするのかよくわからないチームです。代々木とかいろいろと他に選択肢はあったと思うのですが・・・、有明コロシアムでやっているから人を集められないチームですね。潜在能力はもっとあると思います。やっぱプロ興行やるからには“ハコ”って大事だと思うし。
    ま、いいや。どっちにしても湾岸のヤンキーには負けられません。意地でも勝ってもらいたい試合です。東京は6位・埼玉は7位・ゲーム差1。これで勝てば順位変動。今日は負けられないのです。でないと明日のゲームにも悪影響がありますしね。順調に勝っておかないと次に繋がりません。

    ま、前置きはこのぐらいで続く。 続き。

    今日もいろいろとbjリーグ名物のあおりは入っていました。あれはあんまし好きじゃないんですけど、何回か行けば慣れるものと認識することにします。おもしろいのはDJの喋りだけですが。。
    んでバスケ。

    1Q
    最初の内は今期不調のブロンコスが出ましたね。シュートを打つんですけどなかなか入らない。別にパスとか悪くないし、ちゃんとプレーをしてるんですけど点に結びつきません。東京とチャンスの数は見た感じ変わっていないんですけど、どうも調子が今ひとつって感じ。東京はそこのところは決めてきてますので、少しずつ差が出てきます。たった2分で3-6まで差がつきました。でもここからが違いましたね。フィリー・ベンワー・マーカスの高さを生かしての攻撃を行ってきました。上から見ているとフィリーはでかいのわかるけど、ベンワーは普通に見えちゃうんだよね。それでも203cmあるんよ。すげぇ。。
    とにかく、高さのある外国人を投入した攻撃で埼玉はゲームの流れをつかんで相手ゴールにどんどん攻撃をかけていきます。特に序盤戦に光っていたのがマーカス。とにかくどんどん入れてくる。6点目はスティールからの速攻で最前線のマーカスにパス。そのままダンクシュートを決めてきました。あれ見ると気がしょげるだろうな。。

    2Q
    2Qも最初は東京のゴール。流れをつかみかけたのに放したかな・・・、と思ったらそんなことなかった。清水太志郎がしっかりと入れられた分を返して、マーカスが逆転のダンクシュート。これには驚いた。そのあとも調子が上がったり下がったりもしながらも少しずつ差を広げていく。特に今日はマーカスが絶好調。どんどん点を取っていく。あと、途中から入れた庄司も調子良好。外からのシュートが決まる。中には高さのあるフィリーがいて、点の決まるマーカスがいる。外から打てる庄司がいる。いい流れですね。
    前半終了間際に清水が入れて42-32、10点も差をつけて後半に望むこととなりました。今日の調子を見てるとかなり期待が持てる感じでした。

    3Q
    埼玉の好調は続くのか・・・、と思ったらそんなことはないですね。選手は前半とプレーは変わらない。東京の選手もまた同じく。じゃあ何が違うのか。明らかに審判の笛の吹き方が違う。
    審判批判はしたくないんだけど、今日のは酷かった。酷すぎた。東京と埼玉じゃ笛の吹き方が全然違うんだもん。東京の選手に当たって出たボールが東京ボールでの再開とか当たり前。東京の選手が頭突きかまして埼玉の選手に突っ込んでも東京のフリースローですからね。一方埼玉側は押されるのとか当たり前。腕つかまれても笛が鳴らない。一体何のための審判なんだと思いますね。選手もだけど、観客も相当イライラしてました。
    プレー自体は変化がないと思うのに、どんどんと東京に点が入っていく。フリースロー2本とかが必ず起こる。これじゃあどうしても無理だなと思いましたね。僕が見た限りでは東京の選手も埼玉の選手と同じぐらいのことはしていました。にもかかわらず、埼玉の選手にだけ笛が出る。よくわかりませんね。。結局このQでリードを奪い返されてしまいました。。

    4Q
    3Qよりははるかにマシになりましたが、それでも審判の東京偏重は続いている様子。大丈夫でしょうか。。(ま、3Qがあったからかなえのなかで審判に対する不信感があるからかもしれませんが。)やっぱり埼玉にはフリースローが与えられない。でも東京には出る。別に埼玉もおかしなことはしていないはずなんですけどね。。でも、4Qは選手たちはがんばっていましたね。特に最初の内は中には入らず、外から打って勝負をしていました。東京が中を固めていたので、中では少々きつかったんでしょう、この時間帯は。
    3Pシュートを4本連続で成功させて、東京を再度追い抜きます。ここからは抜きつ抜かれつの大攻防。相手が入れたらこちらも返すの繰り返し。この時間帯にフリースローが少なかったのもあって、71-72が73-72になり、73-74になるといった感じでゲームが進んでいきました。この1点差を追い抜くのがなんとも辛い。遠くから打ってもなかなか入らない。結局これを終わらせたのはフリースロー。2本のうち1本を外して同点に。結局そのまま延長戦に突入。全く。。

    OQ
    延長戦。ここで勝負が決まるとあって応援団の気合はハンパな物じゃないですね。コールが鳴り響く中で再開。序盤は埼玉ペース。最後あと1分って所までは完全に埼玉が勝ちそうな感じだった。同点だったんだけど、流れは埼玉がつかんでいたからね。でも、そこで東京のシュートが入ってしまう。肝心なところで決められないのか今期のブロンコスの悪いところで、今日もそれが出た感じでしたね。。フリースローまで入れられて3点差。あーぁ、終わりかな。。と思ったら終わらなかった。あと13秒のところで埼玉のフリースロー。1本目は入れてくる。2本目は一回外して、フィリーが入れる。同点、あと12秒。結局このまま終了。再延長に突入が決定。

    OQ-2
    再延長。応援団の気合の入りはさらに過熱。むしろオーバーヒート寸前。係員の人たち困っていた可能性大。
    序盤はまたも埼玉ペース。しかもしっかりとリードがある状態。一時は4点差まで広げていました。だけど、結局これも潰される。原因はまたもフリースローからの得点。ホントに今日は変な日ですよ。何もかもチャンスは全部審判に潰されてるしね。。
    結局、このまま負け試合。

    ●埼玉 96-99 東京○


    見ていた感想として、今日の試合は審判が決めていたという印象が大きかった。審判は試合をコントロールするのが仕事であって、支配をしてはいけないと思う。今日は審判が支配をしていた典型のような試合でしたね。
    チャージングとかどこまで取れば良いのかとか人によって違うとは思う。反則の原則に照らしてすべて取れば・・・、ってやっていたら競技自体が成立しなくなるし、それぞれどこかしらに線を設けてやるのが普通。でもその線をチームによって審判が使い分けていたら、それは問題。競技を成り立たせる上において平等が原則でしょう。今日の判定の基準はこの線があやふやだった気がする。だから散々叩かれるわけで。。

    追伸:18時30分開始は遅いよ、17時30分にして・・・
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    BRONCOSコメント(0)

    ≪前の記事 なんだかな。
    ≫次の記事 惜敗だけど完敗。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。