Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    63:世界が動いた夜。

    2006/12/17 (Sun) 22:23
    TV:日本テレビ FIFA ClubWorldCup Japan 2006
    FCバルセロナvsインテルナシオナル @横浜国際競技場


    クラブ世界一を決める大会、FIFAクラブワールドカップ。決勝の舞台は横浜国際競技場ですな。提供の関係上、本来なら日産スタジアムになる会場なのに横浜国際競技場。“日産”関係の文字は今日は全部隠すのだとか。。ご苦労なことですな。(そこまでするなら豊田スタジアムでやりゃ良いじゃん。)収容人数は7万2000人のはずですが、今日の入りは6万3000人だと。う~ん??
    決勝の組合せは欧州王者のバルサと南米王者のインテルナシオナル。下馬評ではバルサが圧倒的に優位だって言われてました。ロナウジーニョやデコもいるしね。今年のワールドカップ出場メンバーも8カ国から出てるし、スターぞろいなことは間違えないですわな。対してインテルナシオナルはナショナル・チームのメンバーはいないみたい。全員ブラジル人らしいですからね。世界中から選手を集めるクラブとは違うって言うのが考え方でしょうか。。

    でも、よく考えたら去年もクラブワールドカップでは南米勢が勝っているんだよね。サンパウロがリヴァプールに。。結局、かけている金の問題じゃないのかも知れないけど・・・、まいいや。試合評・雑感は続きに。
    続き。

    序盤はバルサペース。これは予想できていたけどさ。準決勝も少しだけ見たけど、やっぱロナウジーニョは凄いと思う。技術がハンパないよね。そんなロナウジーニョだけど、今日はあんまりフリーになれなかったからか、凄い活躍が少なかった気がします。セアラーが徹底マークをしていたからでしょうかねぇ・・・、逆に活躍していたのはデコかなぁ??
    前半、バルサはボール回しをしっかり行って徐々につめていく展開をしました。逆にインテルは守備を固めて少ない手数で相手陣地までボールを運ぶといった展開。当然、インテルの人数が多い分、バルセロナは中に入って打てるスペースが少ないから遠くから打つことになってそのこぼれ玉を、あるいはクロスを上げてそれに合わせる形でロナウジーニョやグジョンセンが当たっていくかんじかなぁ。中ではワンタッチでのプレーが多い気がしました。普段なら、ロナウジーニョの神業的なキープ力がみれるのにね。。
    後半はバルサがディフェンスラインを上げてきたので、この傾向が余計顕著になってきたように思いますね。インテルはクロスを上げたり、ロングシュートを打ったりなんてことはしていません。その代わり、ボールを取ったら前線の選手に速やかにパスを送り一気に攻撃を仕掛ける。相手の人数が少ない内にディフェンダーと多くて2対3ぐらいの展開にして攻めあがっていく。技が少ない分、バルサにスピードで対抗しているといった感がありました。
    インテルのピンチはCBのインジオが負傷で抜けたところでしょうかね。個人的には、あの時間を守りきったのは凄いと思います。DFを固める上での要が抜けた状態で、あれだけの波状攻撃を凌いだのは驚愕ですね。やっぱ、凄いです。。東京の増嶋や徳永があのレベルになるには・・・、きついな。。ゴールは後半36分、クリアボールを取って攻撃2人に守備3人の状況を前にスルーパス。アドリアーノがDF1人をかわしてシュート、ゴール!!!!あのバルサから後半35分にインテルが点を取りました。これも分かりやすいカウンター攻撃でしたね。最後は、あの状況で入れられるのはしょうがない所もありますが。。
    その後はバルサの鬼のような攻撃。どこからでも打ってくる。パス2つでゴール前まで詰めてくるような見事な攻撃も見れましたね。。そこはさすがです。。しかし、最後が上手くいかずに試合終了の笛。

    ●FCバルセロナ 0-1 インテルナシオナル○

    この試合を見て感じたのはブラジルという国の層の厚さ。代表で10番をつけている選手を代表に入っていない選手が抑えられる。多くの技を簡単に使いこなす。フットボールを楽しんでいる。この試合を見ているとFIFA最優秀選手のロナウジーニョが凄いんじゃない、ブラジルが凄いんだって思いました。年間800人が世界でサッカーをしている国。我が東京も去年5人のブラジル人(監督含む)がいたわけです。
    こういう国がある中で、日本が世界で通用するために今後どうするべきなのか。このままトップ選手が欧州に流出させていて良いのか。日本のリーグはどうなるのか・・・
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    SPORTコメント(0)

    ≪前の記事 東京の人。
    ≫次の記事 イベントでも・・・

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。