Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    46:インタビュー。

    2006/11/10 (Fri) 23:35
    長く書いた記事が全部消えた。最初から書き直しですわ。。
    最悪だな。どうも、かなえです。。

    今日はエコプロがらみで経済のエライ人(?)・岡部教授に話を伺ってきました。岡部研究室は2度目です☆
    体育をサボって、ホタルの幼虫やカワニナなんかを見てきました。ホタルの幼虫は前回行った時に比べてかなり大きくなっていましたね。。かなり大きいカワニナを食べてました。前回見たときには1mmぐらいだったのに、5cmぐらいにはなってましたね♪あの幼虫、見た目きれいじゃないね(笑)
    今回はホタルの活動の取材って事だったんですが、他にも環境活動に関することとか、“bioactivity”という考え方も話を伺ってきました。。

    久しぶりにためになる話でしたね。。環境の活動に携わる人にはできれば聞いてほしい話でした。。特に、今後活動をするであろう里山etc...には関連の深い話になるだろうし。。話を聞けた3人は幸せね♪

    長くなる(確定)ので続く。
    続き。


    環境活動について。
    環境活動に一番大事なのは『持続可能』ってこと。

    まずは組織的に行うことが重要って事。
    今のホタルの活動は岡部先生が中心になってやっているけど、もし今岡部先生が病気で長期入院されるようなことがあればどうなるのかと。おそらくは続かないだろうと。。
    日本の環境活動の悪い点に、活動の中心が個人になるって事があるみたいです。。これがなんで悪いかって言うと、その個人が抜けたときに環境活動が行われなくなるから。現実、法政のホタルは15年前に一度復活してるのですが、その時に中心になられた先生が定年退職されて後は放置状態だったそうです。そのうちに設備が壊れ、状況の確認すらも行われなくなり・・・、ってみたいな感じです。これは良くない、永続的に活動が行われるためには個人ではなく、活動を行うための組織なり仕組みなりが必要だということなのだそうです。。

    次に『見続ける』ということ。
    法政の山の変化に一番気づいているのは体育会の学生だそうです。なぜかというと、彼らはジョギングコースを毎日のように走っているから。あそこの木が倒れた、こっちに草が生えてきたということは彼らが一番わかっているみたいですね。彼ら自身に環境の意識が有るか無いかは別にして。
    一時期に集中的に行って、ホタルが飛ぶようになった。あぁ良かった、んで放置というのが一番だめだということです。長期的かつ定期的に見続けるとことで初めて自然の変化に気が付くことができる。これをするためには、毎日とまでは言わないが週に一度くらいは見ておく必要があるみたいです。行って何かをする必要は無い、とりあえず観察する。これが大事みたいですね。そこで変化に気が付けばそこから対策を行えば良いわけで、見ていないことには環境の変化に気が付くことができないということです。


    次に“bioactivity”って話。
    ホタルが生きていくのに何が必要なのかって事ですよね。。まぁ、実際ホタルはかなり汚い水でも生きていけるみたいなんですが。。キレイな水にしか棲めないのは、ホタルではなくてカワニナみたいですよ♪
    んで、カワニナなのですがこれを育てるにはどのような環境が必要なのか。最初は普通のカルキ抜きした水道水で育てのですが、これがうまくいかない。いろいろ試行錯誤しているうちに、金魚を育てた後の水が良いって事が分かったらしいんですね。他にも、水草を入れた水槽で育ててみたり、川えびと一緒に育ててみたりなどしているようです。。
    生物はそれ単独の環境で育つようなことは無い、実際にはいろいろな生物の中で育っているということみたいですね。川魚がいるような環境でないとカワニナも育たないみたいです。
    生物の多様性を損なうような環境の中では必要な物も育たなくなる、そんな気がしました。いろいろな生き物が相互に影響しあっている。そういうことです。。

    11月15日にはエコツアーが行われます。集合場所は研究棟の下みたいです。行くコースや話す内容は今日聞いたのと同じような感じみたいです。いける方は行って下さい。宣伝じゃありません。。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    RELICコメント(3)

    ≪前の記事 荒試合。
    ≫次の記事 右側。

    コメント

    44:

    もう5センチにもなってるのか!
    エコツアー行くから楽しみだi-88

    ホタルは俺が卒業してからもずっと飛んでいて欲しいね。
    まず来年に飛んでいるのかわからんけど(笑)
    良い感じで繁栄して欲しいなぁ。

    2006/11/11 12:13 | ナニ #- URL編集 ]
    45:

    永続的に見ていく仕組み、これが大事ですね。これが機能すればホタルは長期間に渡って飛び続けるでしょう。。
    短期的な見方じゃダメなんですな。

    ちなみに、岡部先生は大学から“そろそろ見える形での成果を・・・”なんて言われているそうな。

    2006/11/11 22:59 | かなえ #- URL [ 編集 ]
    48:

    今年も飛んでたらしいけど、
    来年はもっと見せろって事か( ´ Д `)

    あらら、ホタルの気分次第(笑)

    2006/11/12 15:08 | ナニ #- URL編集 ]

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。