Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    35:一澤帆布。。

    2006/10/20 (Fri) 23:25
    続報・一澤帆布。。ライブドア以来の話ですが、せっかくなので書きます。動きがあったみたいなので。。

    まず、ここまでのおさらい。
    2001年に一澤帆布前会長の一澤信夫氏が死去。生前の1997年付けの遺言書(通称“第一の遺言書)を開封、会社の株式のほとんどを実質的に会社を経営を取り仕切っていた三男の一澤信三郎氏に相続させるという内容だった。しかし、その3ヵ月後に東海銀行勤務の長男・一澤信太郎氏が持っている2000年付けの遺言書が発表される(通称“第二の遺言書”)その内容は、会社の株式を長男の信太郎氏と四男の喜久夫氏に相続させると内容だった。2000年時点で信夫氏の健康状態は紙に物が書ける状態ではなかったこと、印鑑が通常使っているものとは異なっていたことなどを理由に信三郎氏は第二の遺言書の無効を求めて提訴、最高裁まで争うが信三郎氏側の敗訴に終わる。かくして、会社の経営権は長男・信太郎氏側に渡り信三郎氏は経営陣から外されることになった。会社役員を解任された信三郎氏に多くの職人も付いて一澤帆布から大量の職人が離れることになる。
    2006年4月、信三郎氏は取引先・顧客・職人をすべて自分の側につけて一澤信三郎帆布を開業する。

    ・・・ここまでがこれまでの話。はぁ。。長かった。。これでもかなり要約したんですけどね。。。

    それで、今回の話は信太郎氏の話。10月16日についに一澤帆布が休業からあけて、再び開店したのだそうな。。

    んで、ここから先は続きに

    続き。

    一澤帆布は旧取引先も取引してもらえなかったそうな。職人も誰も一澤帆布に戻らなかったそうな。当たり前といえば当たり前、今までかばん製作に一切関わっていなかった人間が遺言状一枚を盾に物を売ってくれといったところで、売るわけが無い。そもそも、布地を買ってもかばんを作る職人はいないのだからね。。

    そこで、岡山県にある新規の業者から新しく布地を仕入れて、職人も募集して全く新しい会社を作ったらしい。つまり、新しい一澤帆布は今までの一澤帆布とは全く違う会社って事。。

    この点は今の一澤帆布のHPを見ればわかります。伝統の途絶って物がよく現れてますよね。。今の一澤帆布に残っているのは、あのタグだけですね。。未来は無い気がします。

    この問題があらわしているのは、会社は誰のものかってこと。結局、株式で経営権を握っても結局は職員・顧客・取引先がそれを認めなければ経営は成り立たないってことじゃないでしょうか。。
    松下幸之助は“会社は社会の公器”と言う名言を残しました。会社は社会で共有するものである以上、一方的な暴走は自然に消えるのでしょう。。歴史ある企業がまた一つ消える気がします。。

    一澤帆布工業
    一澤信三郎帆布工業

    ・・・なんだ?この記事??
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    RELICコメント(0)

    ≪前の記事 国営公園。。
    ≫次の記事 監督人事。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。