Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    156:カボレ騒動。

    2008/01/26 (Sat) 00:00
    カボレが揺れに揺れています。

    韓国・慶南FCの選手のハズなんだけど、どうもよくわからん。いろいろ見ていくと
    慶南の選手とも言いかねるようなところもあるんですよね。さっぱりわかりませんね。
    はっきりしているところを並べてみましょうか。

    ①:カボレは去年まではレンタル選手として慶南でプレーしていた。
    ②:レンタル元はブラジルのBonsucessoってチームだ。
    ③:東京は慶南に移籍オファーを出して、去年の時点で基本合意していた。
    ④:慶南はフロント・監督が入れ替わり、新監督は移籍を拒否している。
    ⑤:カボレ自身は東京に来たがっている。(年俸が5倍)

    さらによくわからないんですが、慶南が完全移籍で去年の9月に獲得という話も
    ありますが、どうやらそれも契約はしていないって話も出ています。完全移籍に
    合意したのはあくまでも“クラブ間”って事?

    ここから先は僕の推論。 ここまでをまとめると、
    Ⅰ:2007年9月に来期の完全移籍を前提として慶南が優先的交渉権を獲得

    Ⅱ:しかし、年俸面で調整がつかずに慶南・カボレ間は交渉決裂

    Ⅲ:東京がオファー。優先交渉権の売買としての移籍金交渉?しかし、選手の
       保有権は未だBonsucessoが保持

    Ⅳ:Bonsucessoとカボレ・東京が保有権をめぐって交渉。基本合意?

    Ⅴ:慶南のフロント交代。カボレ移籍の絶対拒否の姿勢に。


    権利関係が複雑に入り組んでいますね。
    優先交渉権はレンタル契約に付随している物のハズですから、レンタル選手
    に対する優先交渉権ならばレンタル切れまでが期限でしょう。日本と同じか
    どうかは知りませんが、同じだった場合には契約日有効期限は1月31日まで。
    優先交渉権はそこで期限切れだとすると、話が動くのは2月1日と僕は見ましたが、
    どうでしょうか。
    その上で慶南はBonsucessoと優先交渉権をめぐる紛争に突入でしょうかね。
    如何にしても、東京が裁判沙汰に巻き込まれることはなさそうです。それとも、
    優先交渉権が切れる前にカボレと接触して事実上契約を行ったという行為を
    しているので、そこで突かれる可能性はありますが。。

    発生する可能性があるのは
    ①:移籍金(東京→Bonsucesso)
    ②:違約金(カボレ→慶南)
    ③:違約金(Bonsucesso→慶南)

    さぁて、どうなるか。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    F.C.TOKYOコメント(0)

    ≪前の記事 強化部の怠慢。
    ≫次の記事 日程ヒドス。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。