Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    138:トヨタday。

    2007/10/06 (Sat) 23:59
    観戦記 2007年J1第28節 FC東京vs横浜FM @味の素スタジアム

    最近のかなえは東京の試合があるから生きていけるようなものですね。辛いこと、悲しいこと、いろいろあるけどスタジアムで叫んでいる間は忘れられる。某先輩も言っていましたが、週末の東京は一体どれだけの人に力を与えているんだろう。自分はその一人です。

    今日の相手は横浜F・マリノス。旧名『日産FC横浜マリノス』。なのに、今日のイベントはトヨタday。やっぱこーゆーセンスは最高だわ。名古屋も浦和や横浜FMとやる時は豊田スタでゴール裏に『世界のトヨタへようこそ』弾幕が付くらしいけど、東京はフロントがやっちゃうからね。次は大宮戦に『とんかつ新宿さぼてんプレゼンツ…』無理だろうなぁ。
    さて、東京は4連勝が千葉戦で止まっての戦い。それはいいんですが、一番痛いのは徳永の出場停止です。誰が出るのかっていうので地味に話題になっていましたが、結局シーズン序盤と同じく伊野波に落ち着きました。ここで3バックを試すべきだとか、藤山を右に配してエバウドを試すべきなどの意見もあったようですけどね。

    後は続く。 続き。

    まずは主審発表。小川。
    このときは「小川ねぇ…」っていうゴール裏の反応だったんだけど、前半中盤には「レフリング安定しねぇな」。後半中盤には「今日はダメレフリーだな。協会しっかりしろよ」。試合終了後には「クソレフリー、氏ねや」って具合。本当に協会は審判育成をしっかりしてほしい。テレビで見ると普通かなぁって感じだけど、スタジアムの不満度は絶頂。

    本日のスタメン。
         ① ②
      ③      ④
        ⑤  ⑥
     ⑦ ⑧  ⑨ ⑩
          ⑪
    ①ルーカス ②赤嶺 ③鈴木規郎 ④リチェーリ ⑤今野
    ⑥福西 ⑦金沢 ⑧茂庭 ⑨藤山 ⑩伊野波 ⑪塩田

    規郎が復活、ナオが外れてリチェーリ投入。それ以外は予想どおりかな。個人的にはもう少し左を栗沢で様子を見ても良かったかなとは思うんだけど、規郎の左は強烈だからね。栗沢は疲れているのかもしれないし。外から狙える要員として規郎がほしいのはすごいよくわかる。伊野波のサイドバックは今年の前半で失敗しているから少し怖い。まぁ、今度は中に茂庭がいるからそこが大きな違いなんだけど。

    前半。
    なんだろうなぁ、ボールキープはできるけど詰めが甘いいつもの東京のサッカー。中に決定力のある絶対的な選手がいないってのを象徴するような前半。浦和で言えばワシントン、大阪でいえばバレー、広島でいえばウェズレイ。そんな存在がいないのよね。なかで、こういうボールをこういう状況でもらった時には絶対に決められるみたいな人が。だからどうしても枠内シュート数が少ない。前半には8本撃っているけど、枠の中に飛んだのは1本だけ。キーパーがいると考えずに枠を狙って撃つほうが僕は正解だと思うんだけどなぁ。GKは所詮はエノテツなわけだし。
    赤嶺は今絶好調なんだけど、ほんとに枠内に飛ばない。ゴールを決めるってこと以外は最高なんだけど、FWである以上ゴールを決めまくっていただかないと。代表候補合宿招集なんて噂も立ち始めているわけですし。
    横浜の攻撃陣は上手。中で山瀬幸治がボールを持つと小宮山が必ず上がるし、坂田や清水が斜めに走る。前線に大島をおいて左右どちらにもパスを出せる状態にしているわけですな。さらに中にクロスを上げて大島に合わせても、そのこぼれ球を坂田や山瀬が必ず狙ってくる。怖いチームです。ただ、今日は連携がうまくいっていない印象を受けました。パスミスも多かったしね。この連携ミスで東京はかなり救われたかな。(塩田に神が降臨していたのも大きいけど。)

    後半。
    前半のペースで行っていたらどこかで集中力が切れて失点するだろうな、そこから返せるかどうかが勝負だろうなって思っていたら早速やってくれました。横浜、右からのサイドチェンジに山瀬が走り込んでエリアに入るか入らないかぐらいの所でビューティフォーなシュート。塩田の右上を通り抜ける絶妙なシュートでした。あれはどうしようもない。山瀬に渡してしまった時点でもうどうしようもなかった。その前に潰すべきだった。
    ここでどうなっかなぁ…って思っていたら原監督は赤嶺を下げて平山投入。平山さん、毎回スーパーサブ的な使われ方をして出場時間が異常に短い割にはまぁまぁな成績を残しています。今回もやってくれました。規郎が長いパスを出してリチェーリが走り込んでボールを取る。リチェーリがDFをかわしながらクロスを上げて高いクロスを競り合いながら平山がぶち込んでゴール。ここでの上出来はリチェーリ。DF2人って言っても片方は中澤。もう一人は田中ハユマ。それをかわして平山は那須と競り合うと。中澤を引っ張っていたリチェーリが良。…栗原は??
    さらに77分、負傷したリチェーリに代えて石川を投入。石川さんもやってくれました。塩田が規郎にパス。規郎が粘って粘って最後にはエノテツまで引きずりだして最後の最後でナオに最高のパス。ナオはそれをエリア外からドフリーの状態で狙ってぶち込んでゴール。その直前にも規郎→平山と来て、エノタツが前に出たところでナオに出したけど、いま一つ合わすにゴールキックってのがあったから尚のこと良かった。
    …この2ゴールってごっつあんじゃん。。

    ○FC東京 2-1 横浜FM●

    連勝を止められてこのままずるずる行くか、それとも連勝の勢いを継続できるかって試合だった以上、平山とナオのゴールでしかも逆転勝利ってのは非常に大きい。この2人のゴールは赤嶺や福西が入れるのと違ってチーム全体に流れを作ることができるから。メディアとかに注目度が高い分、ゴールを決めたってことでの注目があるからね。次のホームゲームは川崎と多摩川クラシコ。
    ちなみに東京の多摩川クラシコのCMは茂庭なんですが、その冒頭に『男・茂庭、借りは必ず返す…』って感じで話してます。が、何度聞いても『僕、茂庭…』に聞こえます。前のどこで撮ってんだっていうCMもそうだけど、これはネタなんですよね。。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    F.C.TOKYOコメント(0)

    ≪前の記事 どうかなぁ。
    ≫次の記事 サプライヤー。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。