Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    133:トゥールーズ。

    2007/09/13 (Thu) 12:00
    TV:NTV ラグビーW杯2007 日本代表vsフィジー代表 @トゥールーズ

    ラグビーW杯2007フランス大会プールBの2回戦、日本vsフィジーです。プールBはフィジー、カナダ、オーストラリア、ウェールズ、そして日本の5チームで争うわけですな。
    次回大会は2011年のニュージーランドなんですが次回から予選方式が変わるみたいで、2007年大会にベスト12(つまり、各プールで3位以内)に入った国は予選免除(現状では8ヶ国、上位2チーム)って感じみたいです。それだけならいいんですが、現行20ヶ国のW杯が16か国に減るという話もあります。こうなると予選免除ではない国はどうなるかというと残りの枠はたった4つ、この4ヶ国を地域代表同士による世界大会で争うと。つまるところ、ここで勝たないと次のW杯出場はかなり厳しくなってきます。
    …これを聞いた時は正直IRBはラグビーを世界的に普及させる気は毛頭ないんだなとは思いましたね。まぁそもそもW杯だって身内だけでやっているようなものなんですが。アジア枠だって予選はやってますが日本以外W杯に出たことはないですし。開催国もトライネイションズとシックスネイションズの枠を出たことはありませんし、次回のニュージーランド開催もいろんな関係者から批判が出たみたいですからね。

    まぁ、こんなことやってたら早晩競技者がいなくなるのは見えてますね。利権だけ狙いにいくと大事なものを見失って結局身内から腐っていきます。今のバスケットボール協会が好例です。閉鎖性をこれ以上上げてどうするつもりなのか。。

    まぁ愚痴はいいです。続きます。 続き。

    オーストラリア戦は捨ててきていたのでセカンドチームで当たっていました。今日こそが本当の日本代表チーム、どうなるんでしょうか。

    前半は期待以上。両方ともトライを許さずフィールドゴールで3点づつ重ねていくって感じですね。フィジーはもっと積極的にトライを狙っていくかなとも思っていたですんが、予想以上に出来が悪い。個人力で勝負じゃないの?タックルをほとんどまともに食らっているよ、そこは避けていけるんじゃないの?なんだかなぁ、W杯だよねこれ。もう少しクオリティー上げていこうよ、日本もフィジーもさ。
    日本はモール状態で押すことができたり、タックルが上手に決まったりでこれはいけるかもと思える内容でした。ただ、トライにはなかなか結びつきません。大西がPKから3本ゴールを取っただけ。まぁ、W杯でなかなか勝てない日本のことを考えればこれでも十分善戦したとも言えるんですが、相手の状態が今日は悪いことを考えればもう少しでも頑張ってほしいところ。それに、上にも書いたけど今大会は2011年の出場、そして2015年の招致を考えれば「勝たなければならない大会」なわけです。取れるかもしれない試合は全部取らないと負けです。最後の最後にトライを取られて1点差ビハインドで後半へ。

    後半。
    何だろうな、日本が全般的におしているんですよ。にもかかわらず点が取れずに点を取られる。内容は日本のほうがいいのに、肝心なところが抜けているんですよねぇ。日本のボールでスクラムを組んだにもかかわらず、そこから相手にとられて一気に走られてトライとか。これはどうしようもないんだけだけどね。こういうところを直すのが日本のこれからの課題でしょうね。止めるべき人がしっかりとめる。ディフェンスは直線なんだからどうしても一人が抜かれたらそこから崩れていく。そういうところなんですよ。
    日本のトライもありましたが、結局粘って粘って粘ってのトライ。こういうトライがたくさんとれるといいんですけどね。内容がいいだけに。

    ●日本 31-35 フィジー○

    結局最後の差は前半にトライを取れていたか否かが勝負の分かれ目になりました。前半のほうが日本は押していただけにあそこで1トライでも決めていたら結果は違っていたでしょう。解説の清宮さんも言っていたんですが、ゲームプレンに縛られすぎた結果だとも言えますね。もっと柔軟に対応しても良かったと思います。ボール持ったらまず蹴りだして陣地を回復、そのうえでモールで押し込むだけじゃなくて走り込んでも良かったわけですしね。細かい芸以外にもどんどんやっていっても良かったでしょう。とにかく惜しかった。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    SPORTコメント(0)

    ≪前の記事 あ~ぁ。
    ≫次の記事 国立

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。