Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    131:国立

    2007/09/13 (Thu) 00:00
    観戦記 北京五輪アジア最終予選 U-22日本代表vsU-22カタール代表 @国立競技場

    代表と名のつく試合を生で観たのは初めてです。別にビックマッチではないし、A代表でもないからそんなに人が多い試合ではありません。実際、当日にチケット買えたし。23,000人しか来てないみたいですから。(ちなみに、こないだの東京-神戸も23,000人でした。)まぁ、平日開催で23,000は結構な数字なんですけどね。一応最終予選なので満員のスタジアムの中で…ってしたいですが、休日じゃないと難しいんでしょうか。
    この試合はまずホームってことで勝ちが絶対条件。そのうえで出来れば3点差以上でカタールの得失点差をマイナスにして、カード・怪我もなくってのがベストですね。相手は勝ち点3だけを狙って守備を固めたカウンターサッカーを仕掛けてくるでしょう。これをどうこじ開けるかが勝負のカギでしょうね。

    代表戦はウルトラスが南側とそれ以外が北側で分裂応援。これは何とかしないとダメでしょう。あさひまんのスタンスとか、閉鎖性とかいろいろと問題はあるとは思いますが、分裂応援は選手を後押ししませんよ。お互いに合わせる意思はある程度あるみたいですし、話をすることが最初でしょうけどねぇ。
    この日一番のネタは国歌斉唱。角田かよ。ゴール裏は「えぇ…」的な印象がほとんど。角田はねぇよ。もっと別のやつがいるでしょうに。

    続く 続き

    まずはスタメン。
          ①
      ③  ②  ④
        ⑤  ⑥
     ⑦ ⑧  ⑨ ⑩
          ⑪
    ①森島 ②柏木 ③家長 ④水野 ⑤梶山 ⑥本田拓
    ⑦伊野波 ⑧水本 ⑨青山直 ⑩内田 ⑪山本

    本田圭佑は出場停止、平山と李はベンチスタート。本田は実質清水だから、清水が3人、東京が2人、千葉が2人。

    なんでしょうか、とりあえず勝てたから良かったといえる試合ではないでしょうかね。できればもう1点、2点とほしかった試合ですが、それが取れた展開だったかというと…
    試合の主導権は最初の15分間を除いてほとんどカタールに握られていたと思います。最初の15分間に1点を入れられたのはとても大きかったですね。1点取って消極的になった、その結果前線で取られて相手が一気にかかってきたときに数的不利になりかけたり…って感じでしょうか。
    んでは日本は何をしているのかというと、外から狙うかFKをもらわないと何もできないってのが印象。荒いプレーが多いからそれでも何とかなってますが、これからのことも考えるともっと自分の力で開いていかないとだめですよ。確かに守備力も高いし、荒いプレーが多かったりで厳しいとは思うんですが、突破できるのが家長だけでは。。

    後半では全くボールが落ち着かない。終始カタールのペースですね。内田とか走ってはいたけど、それだけ。結局そこが起点になっての攻撃とかはとても少ない。なんだかなぁ。柏木とか難しいプレーをしすぎだって。もっと簡単に行こうよ、あんなボール絶対に誰も取れないって。森島の動きも良かったけど、結局はFWなんだから点を取ってなんぼだろうとは思うんですけどねぇ。
    流れが悪いとジャッジも悪くなってきます。ジャッジは選手がコントロールするもので、試合の流れもまた同じくということをどこかで読んだことがありますが、こういう駆け引きはカタールのほうが上手だったんでしょう。梶山がまず怪我で交代、次に本田拓也が黄紙2枚目を食らって赤紙提示。この2枚目の黄紙もなぜかはよくわからない。何か言ったのかもしれませんね。嫌な場所でのFKとかも多くなっています。これをこらえてのはGK山本のおかげ。ポジショニングがどうだとか聞きますけど、結局無失点。えらいもんです。

    ○U-22日本代表 1-0 U-22カタール代表 ●

    勝ち点3は死守しましたが、危なかった。本田拓也は次の試合は出場停止を食らいましたし、点差をつけて勝つこともできなかった。最低ラインを少し超えたぐらいの出来ですね。辛勝という言葉が見事にあいます。今日勝てたのは「幸運だったから」だけですね。あの得点ももしGKがもっと引いていたら、マークが違っていたら。確実にあの状況なら…、って感じで獲れた得点じゃないんですから。北京への道は勝つしかない。本当は辛勝じゃだめなんだけどな。
    次は来月、カタールにて。これと同じ試合内容なら負ける公算が大きいでしょう。ホームとアウェイってこと考えたら。しかも、次も勝たないとダメな試合なわけだしね。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    SPORTコメント(0)

    ≪前の記事 トゥールーズ。
    ≫次の記事 フランス大会。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。