Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    119:青赤対決。

    2007/06/21 (Thu) 00:42
    観戦記 J1第16節 FC東京vs甲府 @味の素スタジアム

    前半戦最後になるかもしれない東京の試合に行ってきました。G大阪戦は無理、鹿島戦は微妙。お金がね、交通費+チケット代なので。。時間はあるんですよ、こちとら身分は学生なものであまり移動距離を稼げないもので。
    今日は大学に行ってから味スタという平日水曜開催のコース。水曜日の4限はゼミ。ここ数週間は必ず延長しているんだよね。今日も例に漏れず延長。次のゼミがないので後になっても教室は使っていい状態。通常4時40分に終了なんだけど、5時とか当たり前。6時の3回あれば2回、7時も一回ありました。今日も時計を見たら5時50分。大学から味スタまで1時間。うわーぁ、微妙。何とか試合開始10分前に到着することができました。でも、そんな時間からでも入場している人はかなりいたけどね。甲府戦だからみんなそんなに早くは来ないってことでしょうか。

    甲府。現在自動降格圏内のチームです。増嶋のレンタル移籍先でもあります。ここを落とすと下手打つと4連敗もあり得る展開。次は現在首位のG大阪を万博で、その次が序盤調子を落としたものの現在きわめて堅調な鹿島とカシマでやらなければとなっています。東京は上位喰いもするチームだから必ずしも…、というわけじゃないけど、特に鹿島とは相性が悪いし、G大阪だってずば抜けて調子がいいし。そういったわけで、何が何でも勝たなければいけない試合。下位との勝ち点差をつけて、最低限後半戦に向けて現在の順位は保障できるかどうかって感じですね。逆言えば、ここで負ければ14位、15位で折り返しもあり得るよ。

    あとは続く。 続き。

    今日の主審・家本政明。この人、研修が明けて良くなって来ているってことですね。ただ、出来・不出来の差が必要以上に大きい。神戸では明らかに入っていた点をなしと判断しました。日産では、選手とコミュニケーションを取りながら、見ていてストレスを感じない試合を演出していました。ホント出来・不出来の差が激しいな…

    今日の布陣。

          ①
      ③  ②  ④
        ⑤  ⑥
     ⑦ ⑧  ⑨ ⑩
          ⑪
    ①ルーカス ②福西 ③鈴木規郎 ④川口 ⑤伊野波
    ⑥梶山 ⑦金沢 ⑧藤山 ⑨今野 ⑩徳永 ⑪土肥

    浦和戦とまったく同じ布陣。規郎はシュート練習をしたのだろうか。また不発花火大会とか僕はいやですよ。外から打ちまくって、そのすべてを外すとか。思い切りの良さは評価するけどさ、結局7本撃って1本しか枠に行きませんでした、しかもそれもGKの真ん前でしたとか洒落にならないからね。
    またも石川はサブにも入っていません。どうしたんでしょうか。やっぱ怪我でしょうかね。前回の試合で信男さんがあんまり良くなかったからここで石川に代えてくるかなと思いましたけど、そういうわけでもなく。サブにも入っていないっていうのでは某コスタリカの英雄も同じく。まぁ、彼は平山にポジションを奪われた形でしょうか。まぁ、ポジションといってもベンチですが。あとは赤嶺も同じ。彼は入れるべきでしょ。得点勘持っているし。

    まず前半。
    う~ん、みんななんか集中力を欠いているなっていう印象。特に今野とルーカス。普段もっとデキるプレイヤーだからこそなのかもしれないけど。左サイドの規郎は昔みたいに前め前めで浄さんとの間のスペースが弱点になっちゃっているし、右の信男さん一人で前線に持って行っている印象になっちゃっているし。左サイドの規郎さんがボールを持って自分で斬り込んで自分で撃ってっていうワンマンなプレーができればいいなって思うんだけど、そこら辺はどうもできずに。試合展開的に早い時間帯で得点をしないと、ずるずる行く感じがするってのが最初。相手も積極的に攻めてきていたし。
    基本的に見ていて大丈夫かなってのが前半20分までの印象でした。どうもね、崩れやすいんですよ。甲府のサッカーも東京と同じくサイド空の放り込みサッカーなんで、中では上がってきたボールにだけ注目していれば大丈夫だし、規郎みたいにどこでも撃ちたがるような輩もいないので結局は中でクリアできるかどうかだけなんですが。
    前半30分、規郎一閃。強烈なシュート。あれはミドルなのか、エリア内なのかよくわからなかったけど、とにかく多少距離のあるところからディフェンダーの一瞬の隙をついて一閃。ゴール。あれは甲府レベルのキーパーじゃ取れない。塩田でも無理。土肥さんでも怪しい。あれはね。
    東京のゴール裏はイケイケムード満点。このまま後半に突入。

    後半。
    いいプレーはあるんだけど、なかなかゴールに結びつかない。後半8分、左サイドを規郎が飛び出て右サイドの川口も前に出る。左に浄さん、梶山等が集まって徐々に人が集まってって時に信男さんに絶妙なパス。ノブさんドフリー。あ、もうこれ入った…、と思ったらノブさんがGKをかわして入れようと無駄な事をしてボールを奪われる。おいおい、撃てよ。。このプレーが原因かどうかは知らないけど、信男さんを下げてリチェーリを投入。その直後真ん中の梶山が福西にパス。後ろに2人いるだけ、撃って…あ、あ弾かれた、でもルーカスが詰めてた、流し込んで2点目~!!!ルーカスのゴールは久しぶり。これは梶山と福西にあっぱれですな。
    しかしここら辺から主審が徐々に壊れ始める。家本さんがイエモッツへと。。前半にも2つ黄紙を出していたんだけど、後半になると2枚とかそんなレベルではない感じで紙を出しまくる。まず、51分福西に(これは後ろから削っていたから妥当だとは思うけど。)黄紙、58分には出て2分のリチェーリに黄紙提示。これ、自分とこから見て何が悪かったのかよくわからなかったんだけど、なんだったんだろう。さらに73分、リチェーリにシュミレーションで黄紙、累積で赤紙提示。あれシュミレーションじゃねぇよ。横から思いっきり入ってたって。紙出す相手間違えてるよ。。これで気が立ったのか何なのか、そのあとの栗沢の小さなファールにも黄紙。あれは黄紙じゃない。
    そのあとは帳尻合わせなのか、甲府にも紙が出る。この試合、一番ひどかったのはこれだと思うけど、甲府の茂原が誰だかを後ろから削ったとかで黄紙を受けたんだ、でも提示の後で副審に何か指摘されて茂原に一発の赤紙を提示。つまり、ワンプレーで黄色と赤の二つを受けているわけで、そりゃいくらんでも酷いんじゃないのと思うわけですよ。さらにその1分後にも甲府側に紙を出す。こりゃー…うん、なんだろう、要再研修ってやつですかね。。
    なんだか両チームともすっきりしないまま試合終了が近づく。試合終了が近いと、東京は完全に守備陣形、甲府は全員攻撃に近い形。何が何でも守り抜く。最後の5分間はあわやってのが何本もあった。殊にすごかったのは土肥ちゃんのスーパー膝クリアだけど。あれは…狙ってはできないよね。土肥さんはやっぱ偉大だわ。。まだ塩田は勝てないね。

    ○FC東京 2-1 甲府●

    途中までよかったのに、家本が壊れだしてからゲームがつまらなくなったと思います。あいつはカードで試合を制するたびに試合の質は落ちていくっていうことを分かっているのか。こんなんだから「何か」扱いされるんでしょう。カード提示に関してはマシになっていると思っていだけに残念です。
    勝ってもいま一つすっきりしないな。。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    F.C.TOKYOコメント(0)

    ≪前の記事 7+2=実質9。
    ≫次の記事 赤黒。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。