Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    118:赤黒。

    2007/06/17 (Sun) 22:25
    観戦記 J1第15節 FC東京vs浦和 @味の素スタジアム

    今日は久しぶりのFC東京ホームゲームの日。今日の相手は浦和です。自称・ビッククラブの浦和ですが、今期はどうも不調。不調っていうか、引き分けがすごい多い。不敗神話のあった埼玉スタジアムでも負けているし、A3では惨敗。う~ん。。
    今日の開門時間は午後1時。でも、かなえは朝の5時半起き。7時に家を出て、8時15分から待機列。8時15分。開門まで味スタの外で4時間半行列の中でした。そんな時間なのに、浦和側にはもう既に人が。うようよいるよ、赤いのが。熱血なんですね。自分なら事前開門がないなら絶対に早く来ようなんて思いませんよ。開門の1時間前にスタジアムに着いていたらいいほうです。実際、普段の試合なら自分も開門の30分前ぐらいに味スタに着いているようなイメージですからね。外は直射日光がサンサンと。日に焼けてしまう。。試合開始は4時。あれ、待ち時間だけで7時間超えてねぇか。。まぁいいか。
    今日の参戦メンバーは面白いメンバー。アジさん・カホ・11期の某環境とサッカーに熱い嬢様。なかなかないよね、こーゆー面子も。現役がかなえとカホとO西だけってことがまずないし。それにタッキーさんがいないってのもないし。う~ん、FC東京の成せる技や…。

    試合の感想等については続く。 続き。

    入ってみての印象。あれ、人少なくね?赤い側をフロントも考えてかなり広めに取っていたんだけど、あんまり入っていない。特にアウェイのバック席がまったくと言っていいほど入っていない。赤い側がゴール裏に人を集中させたってのもあるんだろうけど、それにしても少ない。2階席に至っては…何で?ってぐらい少ない。ホーム側もアウェイ側も少ない。これはひょっとしてフロント、やってしまったか…?

    まずは陣形から。

          ①
      ③  ②  ④
        ⑤  ⑥
     ⑦ ⑧  ⑨ ⑩
          ⑪
    ①ルーカス ②福西 ③鈴木規郎 ④川口 ⑤伊野波
    ⑥梶山 ⑦金沢 ⑧藤山 ⑨今野 ⑩徳永 ⑪土肥

    ワシントンには藤山がマークです。トップにはルーカス、控えに平山を入れていました。トップ下は福西。彼はボランチの選手のはずなんだけどね。右サイドは川口。石川は怪我でしょうか(そんな報道もあったし)控えにも入っていません。控えには赤嶺がいない、ワンチョペがいない。そのかわり、茂庭と平山が入っていました。また肝心な時に使えない2人をどうして控えに入れるかなぁ。まぁ、控えに平山かワンチョペを入れたい気持ちはわかるけど、赤嶺は外すべきではないでしょう。


    前半。
    最初の印象。ワシントンはずるい(笑)いや、笑えないけど。藤山がついていたんだけど、体格が違いすぎる。ついている藤山を吹っ飛ばしてシュートとか撃っていたしね。藤山が子供に見えたもん。栗沢とかと並んだらどうなるんだろ。シャレにならない構図になりそう。
    試合開始、どうなるかなぁ…と見ていた矢先、さっそく失点。左サイド相馬が中に入れる。で、なぜかドフリーのワシントンにパスが通る。そこに藤山と今野と伊野波が寄る。その間にシュート。土肥ちゃんがはじいたのを田中達也が押し込んでさっそく失点。いやーあれはないわ。何でゴールエリア内でワシントンがフリーなのよ。あれは自殺行為でしょ。ポンテとワシントンはゴールエリア内フリー厳禁、これ基本。なんか、これを見た瞬間に川崎戦を思い出しました。嫌な記憶。
    そのあとは比較的いい時間。ただ、規郎と梶山がシュートをふかすふかす。どこ見て撃ってんのよっていうぐらい。形としてはいい形ができている。右サイドの川口とか、規郎が持ってあがって斬り込んでだったり、真ん中のルーカスがすぐ後ろにいる梶山や福西に渡したりなんだけど、大概最後に持っているのは規郎か梶山。あとはシュートを枠に撃てばいいんじゃないのって感じなんだけど、まぁとにかく上に行くよね。もちろんマークが厳しいっていうのはあるんだろうけど、梶山に至ってはドフリーの状態で打ち上げたからなぁ。シュート練習をもう一度し直してくださいよ、お願いしますわ。。
    守備面に関してもまぁまぁ。ワシントンはこのあとはほとんど封じ込めていたし、ゴールエリア内でボールにほとんど触らせていない。ただ、今日怖かったのは田中達也。真ん中から右サイドまで一気に走って行って、パス出してワンツーでもらって自分で撃ちに行ってたりとかしたし。まぁ、でも流れからの形では有効なシュートはこの時間ほとんどなかったし、しっかりとボールを取って攻撃につなげていたし。何本か怖いのはあったけど、それも藤山や金沢がしっかり防いだし。こういうのが最初からできればいいんだけどな、立ち上がりはいつも悪いんだよな。。結局この状態のまま前半終了。やっぱり赤嶺が必要だったと思う。シュートの匂いがする奴が。。

    後半。
    相変わらず、前半と同じ感じ。イケイケな感じではあるんだけど点が入らないんだよね。フォワードの問題。ルーカスは最近点を入れてないから得点の勘が鈍っているからか全くシュートを撃たないし、梶山・規郎は相変らすふかすし、伊野波はバックスの場所にいるし、福西はいいんだけどシュートまではいけないし、川口は相馬とのマッチアップでいっぱいいっぱいだし。梶山か規郎が決めてくれないとだめなんだよな…
    後半20分ポンテが右からコーナーキック。ボールはゴール真ん前。誰にあたったのかよくわからないままゴール。2失点目。記録はオウンゴール。いったい何があったのかは近くにいた浦和サポーターのみぞ知る。ほんとに誰にあたったんだろ。う~ん。
    川口→リチェーリ・福西→馬場・金沢→平山。平山を入れた時には伊野波をバックスに下げて梶山ワンボランチで対応って感じ。4-4-2のダイヤモンドなんて1回もやったことなかろうに。。こういうところが原監督の悪いところだと僕は思います。形変っちゃうもん、試合中に。ジーコも代表監督の時にやっていたけど、試合中に形を変えるのは好きじゃないですね。
    結局得点を入れられたあとは焦ったのか、交代のせいなのか、形が急に悪くなる。ゴール前まで詰められない、行ったところでひとりで攻めているような形。点を入れられた後こそ頑張りどきなのに、まったく。あれじゃ勝てないよな。結局最後の最後まで点は入らずに終了。

    ●FC東京 0-2 浦和○

    しかし、坪井は上手いね。改めて思うよ。実質バックス2人(トゥーリオは守備では使えんな)の中で浦和が守りきれたのはMF鈴木啓太と坪井がいたから。右の山田も上がっている時間が長いから、結構な時間、ひとりで守っていたんだなと思う。坪井をどうやって抜くかが浦和対策の肝なんだろうな。終わった後で気がついたけどさ。
    あと、今日の観客数は38,000人。12,000人はどこに消えたんだろう。今日はチケット完売のはずなのに。考えられる可能性は①年チケホルダーが来なかった。②招待券で人が来なかった。どっちかだろうな。来ない年チケだけで12,000はないだろうから、招待券かな。自分で買った人は来るだろうし。あるいは無駄にチケットが発券されてる?う~ん、わからない。
    東京は次は水曜にH甲府戦、そのあと土曜に万博でG大阪と闘って、そのあとA鹿島で前半戦終了。たぶん、全部勝っても10位以上には上がれない気がする。(万博のG大阪戦は勝てないだろうけど。)う~ん、とりあえず甲府には勝て、話はそれからだ。甲府に負けるようじゃお話しになりませんよ。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    F.C.TOKYOコメント(0)

    ≪前の記事 青赤対決。
    ≫次の記事 後半戦日程。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。