Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    107:英国。

    2007/05/14 (Mon) 23:14
    観戦記 J1第11節 FC東京vs千葉 @味の素スタジアム

    祝・1日2観戦。かなえです。土曜日に見た試合の戦評を今日書くってね。まじめに書く気あるのかコラって怒られそうですが、自分に近い人は昨日時間がなかったことはよくわかってくれていると思います。別に書きたくなかったわけじゃないですよ。
    埼スタで試合を見たあとに武蔵野線に乗って味スタに急行。開門には間に合わなかったけど、練習開始には何とか間に合いました。今日はイングランドデーってことで、いろいろな催し物があるって聞いていたけど、見た感じ普段と変わらないですね。ジャックユニオンがちょくちょく柱に貼ってあるだけ。探せばフィッシュ・アンド・チップスと英国からの輸入ビールを売っていたり、ベッティングゲームをしていたらしいんですけど、まったく見かけずに着席。
    開門に間に合わなかったので今日の観戦場所はバックで着席だったんですが、あれはあれでいいですね。落ち着いて見ることができます。子供に悪影響な単語もそこまでは飛び交いませんし、安全なスタジアムになっています。ただ、やっぱりアツイ応援はできませんね。サッカーは声を上げて騒いでこそ楽しいと思う人なんで、戦評を書くにはバックの方が有利だけどそれ以外は・・・、視点が違うのもたまにはいいなって感じでしょうか。あくまでも。

    試合に関しては続く。 続き。

    まずは今日のスタメン。

        ①  ②
      ③      ④
        ⑤  ⑥
     ⑦ ⑧  ⑨ ⑩
          ⑪
    ①ルーカス ②ワンチョペ ③リチェーリ ④川口 ⑤伊野波
    ⑥梶山 ⑦鈴木規郎 ⑧藤山 ⑨今野 ⑩徳永 ⑪土肥

    LSHにリチェーリを投入。監督の狙いとしてはLSBの規郎がボールを持って前のリチェーリにパスでそのままシュート、狙えたら規郎がそのままシュートって感じでしょうか。規郎の守備力不足はCMFの伊野波が補充して備えると。RSHも石川を下げて川口。GKも塩田ではなく土肥。いろいろと変えてきました、原監督。今日は福西はベンチにも入っていませんね。茂庭はベンチです。福西は確かに上手ですけど、ボールを持つとよく見てそれから的確なところにパスを出すタイプなので攻撃がワンテンポ遅れるということは否定できません。確かにカウンターサッカーをやるには不向きな選手でしょう。右の石川は流れを作れる選手なのですが、中にえぐって入るタイプの選手ではないですからね。最近は左で攻めているときも縦の動きだけで横の動きがなかったし。外した理由はそこら辺なんでしょうか。個人的に一番の不安は左サイド。リチェーリは運動量豊富ですが攻める選手。守備はできるイメージがまったくありません。鈴木規郎も比較的攻撃の選手のイメージ。行ったら戻れない可能性があります。伊野波がいるとはいえ、それでは中が手薄になるでしょう。ここが守備の穴になるかって思っていました。

    前半。
    最初は不安な展開。基本的に東京は今期ボールを持てることは持てるのに中に入らずに結局ボールを失う展開が多い。立ち上がりはそのパターンがもろに出てました。だからこそ、今日はクロスを上げるタイプではなくて中に斬りこめるタイプを起用したのかもしれませんが。相手の攻撃もやっぱり弱くはないしね。やっぱ巻は優秀ですよ。たった一人でもせめて行ける1トップ向きのいい選手。今日も最初の決定機は巻の切り込みだったしね。藤山と今野がついていけずに前半最初にシュート。あれは絶対入ったと思ったけど、土肥ちゃんが見事なパンチングでゴールを守る。アイシテル。そのあとも基本的には東京には分の悪い展開。シーズンの最初は前半はいいんだけど後半に崩れて・・・、って展開が多かったんだけど最近は前半から大崩壊を起こすのが東京。あ~ぁとおもっていました。だって光が見えないんだもん。
    試合が動いたのは前半26分。左サイドでボールを受け取ったルーカスが真ん中あたりまで来てDFに囲まれる直前に強烈なミドルシュート。これが入っちゃった。完全にルーカスの個人技。やっぱルーカスはえらいよ。基本的に今年の東京の悪い特徴をもうひとつ、点を取ってもイケイケにならない。でも今日は違った。その直後に梶山が左サイドで2人抜いて絶好機になる。やばい取れる、撃て梶山・・・、と思ったらバックパス。そこは撃つところだろ。GKと1対1じゃないですか。。結局ワンチョペがミートせずに規郎がふかして終わり。おいおい。そのあとも10分ぐらい確変状態が続いていたけど、徐々に落ち着いてくる。後半42分、千葉の山岸が負傷退場、代わって楽山を投入。これで攻撃はどう変わるんだって感じ。千葉も東京も落ち着いてきたところで前半終了。このままいくとは思えんな、ってのが前半終了時の感想。そしてほんとにこのまま終わらなかった。

    後半。
    東京のキックで後半開始まず後ろの伊野波にパス。そのあとリチェーリ。リチェーリが単独で攻めあがる。千葉は3バックのうち2人までがリチェーリへ付きはじめた。と、そこでワンチョペにパス。そのままワンチョペがぶち込む。ここまで1分。正直えぇ~!!ってのが感想。あっけなさ過ぎる。これで千葉が完全にリズムを狂わせたのか、東京が確変したのか、完全に東京がペースを掌握。千葉はプレーが雑になっているのが上から見ていてもよくわかった。パスがつながらない、肝心なところに動けない。失礼だけど、働いているのは水野と巻だけで他はもうやられているなってが印象。特にDFラインはやばいなと思いましたね。敵チームながら。確変状態の東京はその直後、やはり千葉側が周りを見えていないってのもあるんでしょうけど、池田がキーパーにバックパス。これにリチェーリが走りこんで先に奪ってシュートを撃つ。GKに当たったもののボールはそのままゴールへ。すげぇ。ここまでの得点者はルーカス・ワンチョペ・リチェーリ。南米勢が今日はエライ調子がいいみたいですね。ここの人たちは乗り出すとやはり止まりません。ここでかはわかりませんが、これで千葉は完全に狂いました。後半13分、DF水本が池田に後ろでボールを回してました。ボールが行ったのを見たワンチョペが池田にマークに行く。さっきのを見てか、真ん中の中島がボールを取りに走ります。そこでスライディングで止めに入るのですが、それがものの見事にゴール方向、GKはワンチョペを警戒してるので、予想していなかった方向から。はい、4点目。後半開始15分で3点。完全に守備崩壊を起こしています。
    原監督は4点差ついたと見ると、守備体制に入る。ゴール裏では“♪おー、原東京  攻撃、攻撃、原東京”っていっている中で川口に代えて栗沢、リチェーリに代えて金沢、ワンチョペに代えて浅利を投入。完全に守りじゃないですか。せめてゴール裏には応えようよ。実際には規郎を上げてリチェーリの代わりに規郎を使う戦術かな。う~ん、今期は規郎と金沢の相性が最悪なんだよね。。まぁ、あと15分だし4点差あれば大丈夫と思っていたらやられました。藤山がクリアミスをして佐藤勇人のまん前に。そこからミドルをドカン。ゴールにドカン。千葉のゴール裏が一応盛り上がる。でも反撃もそこまで。後半の43分には久しぶりの“眠らない街が”が。

    ○FC東京 4-1 千葉●

    勝ったはいいけど、結構課題の残る内容。例えば、福西の問題。福西という素材をどのように使うのか。あるいは使わずに腐らせておくのか。腐らせておくとしたら磐田のサポに対してこんなに失礼なことはないし、東京のサッカーを変えるポテンシャルを持っている選手だと思う。福西を上手に使えれば今後どんどん大きくなると思いますね。あと石川の問題。あくまでも東京の右は石川という存在の大きさがあってのポジションだったとは思います。石川を抜いた形がどこまで通用するのかは正直未知数でしょう。だって、基本戦術の中に石川が組みこまれているんだから。う~ん。。今野はいつまでCBをやらせておくのでしょうか。エバウドが復調するまで?んなこと言ったらいつになるかわからないじゃないですか。う~ん。。LSBはどうするのでしょう。確定メンバーがいない実情がこの試合で明らかになってしまいました。5/6川崎戦は藤山、5/9横浜FC戦は金沢、そして今回は鈴木規郎。相手にもよるのでしょうが、右の徳永みたいに確実に任せることができる選手がいないんでしょうかね。怖いですよ。GKはいつまで併用が続くんでしょうか。早く固定した方がいいですよ。間違いなく塩田より土肥の方が実力は上でしょうが、いつまでも土肥に頼るわけにもいきませんからね。土肥後のことも考えながらやらないといけませんから。難しいですね。
    次は名古屋戦、中位力には負けられない!!!
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    F.C.TOKYOコメント(0)

    ≪前の記事 アンバサダー。
    ≫次の記事 クソ田舎。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。