Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    106:クソ田舎。

    2007/05/12 (Sat) 23:44
    観戦記 JR東日本カップ 関東大学サッカーリーグ 第9節 駒沢大vs法政大 @埼スタ第2

    浦和美園まで行って法政のサッカーの試合を見てきました。大学サッカーは初めて。誰か誘って行こうかなとも思ったけど、やっぱり明日は新歓だし無理させちゃいけないからね。一人で行ってきました。
    相変わらず遠かった。そしてクソ田舎。畑の中の巨大建造物だね、埼スタは。あれが全部税金で作られてるのかと県民として思うと萎えてきますよ。昔からパンとサーカスなんて言うけれどあれは少しやりすぎなのと違うかい。しかも、こんなクソ田舎にスタジアムを作られたレッズサポもかわいそうだ。こんなところ、毎週来るところじゃないからね。2~3ヶ月に一回来るだけでもいやになるってのに。浦和からも距離あるし。しかも、肝心のゴール裏に屋根ないし。
    埼玉県のスタジアム建設行政ってのは少しおかしい気がする。元々埼玉には上尾に5万人収容のスタジアムがあったんだけど、2002年にワールドカップにあわせて埼玉スタジアムを作った。これだけならまだいい。わからないのは2004年の国体のために熊谷に2万人収容のスタジアムをもうひとつ作ったってところ。本当なら浦和美園に土地があるなら浦和に国体競技場も兼ねて大型陸上競技場を作ればいいはずなのに。汎用性に乏しすぎますよ。結局決勝招致も失敗したし。
    今回はそんなスタジアムの第二競技場。こちらは質素なつくり。まぁ、だから何だってことじゃないんだけどね。来る人は恐ろしく少ない。応援団も来ない。みんな東大戦かよ。少しは人さけよ。応援の指揮を取るやつがいないじゃねぇか。なんだかなぁ。。
    後は続く。 続き。

    法大サッカーを見るのは初めてなんで、別にどの選手がいいとかどことどこが相性が悪いとかよく知らない
    。とりあえずスタメンは…

        ①  ②
      ③      ④
        ⑤  ⑥
     ⑦ ⑧  ⑨ ⑩
          ⑪
    ①稲葉 ②市川 ③菊岡 ④山本 ⑤本田 ⑥堀越
    ⑦吉田 ⑧福田 ⑨新井 ⑩江崎 ⑪若田

    本田拓也は有名人。でも他はよく知らない。だから戦術がどうのとか言えないんですな、今回は。でも、やっぱり本田はちゃんと見えてなきゃいけないところが見えてるなとは思ったね。例えば、前半に右サイドにボールが流れてそこで競っていたところがあったんだ。右の選手たちは前にどうやって突破するのかを考えていたみたいだけど、前には何人もいる。だけど本田は上手に逆サイドまでパスを出す。こういうことがスムーズにできる。プロじゃみんな普通にやっているけど、やっぱ大学サッカーでこれができるって結構すごい方だと思う。冷静だもん。
    稲葉・市川の2トップは機能していたけど、それよりも菊岡の2列目からの飛び出しもかなり強烈。事実、今日の法政の得点はそれだった。前半5分、市川からのバックパスを前に出ながら受け止めそのままシュート撃ってゴール。あれは強烈だった。突き刺さるゴール。上出来ですよ。
    法政の攻撃の基本パターンはサイド攻撃かな。特に右サイド山本からのサイド攻撃が多い。僕としてはもっと左サイドを活かせば攻撃の幅が広がるだろうになと思いながら見ていたんですけどね。まぁ、左の菊岡がボールキープできないタイプっていうならしょうがないけどさ。でも、もっとやりようがあったと思うな。
    逆に駒沢は典型的なカウンターサッカー。4バックにボランチまで下げて実質6バックの布陣を敷いてましたね。んで、前線にいる3人ぐらいにボールを持たせてその3人でボールをまわしながら一気に攻めあげていくってのがパターン。特に真ん中1トップの人のシュート力はすごい。近ければ確実に枠を捉えてくるし、遠くても勢いのあるシュートを打ってくるし。
    法政はこの駒沢のカウンターサッカーに対応しきれていない感じだね。なんだかいいように使われているって感じ。体力のある最初のうちはそれでも問題ないんだけど、後半が近づいてくると徐々にヤバくなってくる。前半30分ぐらいにミドルをドカンと撃たれて同点、後半15分には相手について行ききれずに点を入れられて逆転を喫する。もう後半20分は明らかに疲れきっていた。放り込むところまでしかできなくなっていたし。見ていて、だめだろうなぁと思っていたら試合終了。

    ○駒沢大 2-1 法政大●

    今度はいつ見に行けるかなぁ。たぶん後期になってからだろうな。優勝できるチームは作れるのかな。多分無理だろうなぁ…
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    Sport HOSEIコメント(0)

    ≪前の記事 英国。
    ≫次の記事 クラシコ。

    コメント

    コメントの投稿

    名前
    題名
    メールアドレス
    URL
    コメント

    パスワード
    Secret
    管理者にだけ表示を許可する

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。