Profile

かなえ

Author:かなえ


かなえ@FC2です。
このブログの説明はこちら

2006年からFC東京をゴール裏で観戦している都下の「某六大学H」の3年生です。
FC東京以外にもbjリーグ・埼玉ブロンコスを観たり、法政大学体育会を観たり。
色々な試合の観戦日記を中心にいろいろな話題をピックアップします。

暇な時にゆっくりご覧になって下さい。

QRコード

QRコード

カウンター

やる気バロメーター

Comments

New Entry

Category

Monthly Archive

Links

J1 次節対戦表

スポーツ ブログパーツ配布所【SBP】

J1順位表

☆FC TOKYO★

スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

  • FC TOKYO Official HP

  • トーチュウ 365日FC東京
  • Search

    ブロとも申請フォーム

    カテゴリ内記事一覧

    スポンサーサイト - --/--/-- (--) --:--
    あ~ぁ、結局。 - 2007/06/30 (土) 20:32
    バスケ協会、大丈夫? - 2007/05/31 (木) 23:24

    :スポンサーサイト

    --/--/-- (--) --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    スポンサー広告

    121:あ~ぁ、結局。

    2007/06/30 (Sat) 20:32
    もともと該当スポーツの文化がない所に新しいスポーツを根付かせるのはどれだけ難しいことなのかという例。

    NFLヨーロッパが今季限りで消滅(6/30 スポーツ報知)
    NFL欧州、赤字で消滅 (6/30 時事通信)

    NFLヨーロッパの存在を知っている人がどれだけいるのだろうかという問題もあるんだけど、それが消滅したことを伝えるニュースです。ヨーロッパでアメリカンフットボールを普及させること、アメリカ本土のNFLのレベル向上のための2軍的な意味合いで作られたNLFヨーロッパ。結局アメフトは欧州の市場には受け容れられず、毎年年間36億円の赤字計上だったみたいです。
    まぁ、当然と言えば当然。もともとヨーロッパにアメフトを見る文化がないんだから。しかも1国単位のリーグではなくて欧州全体で一つのリーグ扱い、当然移動費も宿舎代もばかにならない値段がかかる。NFLの下位リーグだから選手も地元の選手は少ない。ハコはサッカーのハコを転用しているから市場が狭いにも関わらずバカでかいハコを使っている。(ハンブルグのチームだと、ハンブルガーSVの本拠のアリアンツ・アレナを共用。収容51,000人)これじゃ成功しないわな。フットボールと言えばサッカーの世界で「フットボール」と呼ばれる競技が2つも3つもあるのも問題。混乱が起きる。
    しかもヨーロッパの人はほとんどアメフトのルールすら知らないと思運ですね。やっぱり国ごとのカレッジ・リーグを活性化するあたりから始めるのが普通でしょう。いきなりプロリーグでは失敗するのが当たり前。もう少し基盤を作ってからでしょう。プロリーグを作るのは普通は最後なんだから。

    物事を上手に運ぶのって難しい。改めてそう思いました。。
    スポンサーサイト
    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    DISCUSSIONコメント(0)

    115:バスケ協会、大丈夫?

    2007/05/31 (Thu) 23:24
    知っている人は知っている話ですけど、日本バスケットボール協会が大揺れに揺れています。もうすでに6月なのに予算がついていません。知らない人のためにここまでの状況を確認。

    去年の世界選手権が客入りが悪くタダ券を配りまくっていたこと等の影響が出て、世界選手権の収支が13億円の大赤字だったんですね。実はこの数字も世界選手権が終わった直後の去年の9月段階では協会は「収支はトントン」と発表していました。それが3月に決算を出す段にいたって「数億円程度の赤字」、新年度予算計上の時には「13億円の赤字」とどんどん膨れ上がっています。もともと世界選手権の予算自体が24億円ですので、スポンサー収入・入場者収入等を合わせても11億円だったことがわかります。
    んで、これの責任を誰が取るんだってことでバスケ協会が内紛状態になっています。責任の所在をうやむやにしたい執行側とそれに反発し、責任の明確化を図りたい一部評議員。もちろんだんだんと赤字額が膨れ上がっていったことに対しての検証が不足していること、FIBAのいわれるがままに大会規模を無制限に大規模化した協会理事への不信感ってのもあったみたいですが。
    で、この内紛が表面化したのは今年の予算承認を行う評議員会。3月に行われたんだけど、これに関して過半数の評議員が上の理由から責任を明確にするまで今年度の予算承認を行わないとして否決。補正予算を4月にも出したんだけど、執行部が辞任するまでは予算を承認しないと反対派が言い出した。執行部は「予算と人事は別」って言って評議員を新たに数十人任命して、反対派の何人かを一方的に資格停止をして予算案を通そうとしました。これに怒った残りの反対派が評議会をボイコット。評議会は2/3以上の出席が成立要件なので流会。結局理事を増やしたのに4月・5月の評議会は流会でした。しかもこの議論をしているうちに執行部が反対派の告訴によって世界選手権に関して背任・公金詐欺等で訴えられるという事態にまで発展してしまいました。もうどうなるんでしょうか。。

    後は続きで。

    続きを読む »

    にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ ←管理人のモチベーション維持のため、クリック願います。
    DISCUSSIONコメント(0)

    ブログ TOP


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。